かいどぅ

日記など

コンサートホール睾丸、それとダヴィンチ

www.hmv.co.jp

また星野源か、こいつもしかして星野源と出身校の校歌しか音楽聞いたことないんじゃないか…とお思いでしょうが、読んでくれるとありがたいです。人工知能が学習するように、読者のみなさまには星野源のあらゆる情報(主に画像ファイル)を刷り込ませていずれは星野源の全身にあるホクロの数を言い当ててもらおうと思います。恐ろしいね

おれはこの号をなぜかiphoneibooksに入れている。意味がわからない。その中の星野源のエッセイの中で、まあ星野源が仕事でストレスがたまっていたという流れで「今この人に唾をかけたら全てが終わるのかな」という旨の思いが上がってきた、という文が載っていた。おれのニュアンスがネタツイートのよう。星野源さん、スピードスターレコーズさん、ダヴィンチ編集部の皆さん、細野晴臣さん、山口一郎さんごめんなさい。

これは本当にわかる。

いや、わかるというか、コミュニケーションを現在進行形でしている人に、「今この人の前で早稲田の校歌を歌ったらどうなるかな」「いきなりこの人の鼻に指突っ込んだらおれもピースで目を持っていかれるな…」とか、そういうまずいことをしようという考えが頭をよぎって、それ以降相手の目を見て話すことができなくなって牛乳が鼻から噴き出てる安田顕とかを考えて気を紛らすというの、ある。

f:id:Sapience48:20190730203859j:plain

リバース

また話は若干違うが、以前、ツイッターのタイムラインで「大きなコンサートホールで圧巻の演奏を聴いて圧倒されていたところ、ふと「今この場できんたま(金玉)と大声で叫んだらどうなるのだろう」ということを考えてしまって以降きんたま(金玉)と言わないよう必死だった」というツイートを見たとき、同志(勝手に枠に巻き込んでます)として涙のリツイートをしたことがある。リツイートのいいねを通知するのやめてくんないかな…

本当にこういういけない心理はどこから生まれてくるのだろうか。そして野球部はなんで加藤浩次をさん付けするのだろうか…そりゃおれは引退した部活の部長の鼻の穴にいつかベースの弦(事前に熱したものがのぞましい)を刺して泣かしたいと思っていたが結局そんなことはなく、この間特に何もなくルート弾きの練習を終えて部活の最終日を終えた。勝てない相手の前で相手をボコボコにする妄想をするのは面白いが、言動に出てしまうのは注意したいものである。