かいどぅ

日記など

長岡亮介使用のヤバギター対バン相手ボコれるのでまとめて紹介する(3)

f:id:Sapience48:20190329232026j:plain

TUMUJI書店

毎日更新怠ってごめんなさい。きのうは飛行機の中でした。今回は、長岡亮介氏の変形ギター編です。

※前置き

kaidou.hatenablog.jp

止まれ見よ。じゃねえや。すごい星ついてるね。はてなブックマークっていうのもついてる。よくわからないのですが、はてなブックマークはたくさんつくとはてなブログトップに載るらしいので、もうほんとボタン押すだけなら1秒もかからないので押していただけると有り難いです!(乞食)そして見てくれている人もありがとう、日々面白い文章書けないかなとやってるので励みになります。

本題に入ります。

f:id:Sapience48:20190329232435j:plain

畳の部屋に住んでるのかな

マイクロフレッツのギター。右のギター、なんか手ふってるみたいな形でかわいい。

左のはセミアコースティックギターという、空洞になっている種類のゴールデンコメットというタイプのラインナップです。右のは普通のエレキギターのスウィンガーという種類のもの。

ちなみによく見てもらうとわかるんだけど、ギターの弦を抑える指板という部分の形が微妙に他社と違うんですね。付け根の部分でこめかみついたらしぬんじゃないかな。

右のは、まあぼくがライブに通い詰めてないので情弱なのかもしれませんが使ってるとこは見たことありません。左のは星野源のアイデアで使われてます。このマイクロフレッツというギター、とても希少価値が高いものなのでオークションでは高く売られるそう。金持ちには勝てん。どちらかかはわからんですが、岐阜で買ったそう。

f:id:Sapience48:20190329233445j:plain

もう一つあった これもセミアコースティック

f:id:Sapience48:20190329233538j:plain

テスコ製のギターと、グヤトーン製ギター。これは電気楽器界隈のわざとボロくするレリック加工というのではなくほんとにボロボロらしい。

どちらも型番がわからなくて申し訳ないけど、どちらも昭和のエレキギターブームの時に発展したいわゆる「ビザール(変な形)ギター」のメーカーとして日本だけでなく世界中に注目されてたとても由緒あるメーカーです。ちなみに長岡亮介の使用ギターでは非常に安価なほうに当たります。1ヶ月ぬるいバイトしてても多分買える。

左のギターなんかは長岡亮介が弾いてるのを見て作ってる人がいるのを見かけた。ライブの群青日和でつかわれてました。水色とストライプのピックガードがかわいいですね。(ピックガード ここでいうシマシマのとこにあたる)

右のギターはどこで使われてるのかわからない。余談ですが、東京事変のキラーチューンで使われてるのも同じグヤトーンのギターです。濡れてもいい楽器を持ってきてと言われて持ってきたので安かったのだろう。金持ちには勝てん。

f:id:Sapience48:20190329234544j:plain

ロッソ、えっち

ダンエレクトロ製、pro-1。

蝶ネクタイをモチーフにしたギターらしい。これも多少値ははっちゃうけどもRSguitarworksとかに比べたら全然やすい。最近だとムジカピッコリーノ(教育テレビのガチ音楽番組)や星野源のMステで使ってた。ちなみにおれの友達も青いやつもってます。今度永久に借りておきたいな。

このダンエレクトロはこのあとも頻繁に登場します。ダンエレクトロで検索かけると面白い形のものしか出てこないので長岡亮介のギターが好きな人はきっと嵌るとおもう。

f:id:Sapience48:20190329235123j:plain

ハマオカモトは長岡亮介ドッペルゲンガーではない

アメリカンショウスター製、AS-57。人を撲殺できるギターしか持ってないのかなこの人。ご覧の通り、かなり派手なギターだけど、あんまり行き過ぎてないというか。下品じゃない派手さ。さっき貼ったテスコのギターと色合いが似てますね。アメ車をモチーフにしたギターらしい。ランプがついてるのもそれが影響してるのかも。

余談だがこのアメリカンショウスターというメーカー、もう倒産だかなんだかでギターが作られておらず100万ちかくで取引されることもある激レアギターですので見かけたらすぐ買うべきです。ほんとのこというとふつうにebayで売られてたが取られたくないので載せない。星野源のツービートで使われてました。

以上、長岡亮介の撲殺用ギターでした。彼怒ってアンプ蹴る人なのであまり挑発するとギターのヘッドで殴られて死ぬので気をつけましょう。