かいどぅ

日記など

花火大会と、木造建築の4D体験

朝起きる。

今日は親の実家にいる。新潟である。おとといネクスコ東日本に腹の全て(胃の具合です)を殴られながら高速道路の上を3時間走っていた。途中お腹を満たすために天ぷらうどんをサービスエリアで買って食べたら腹の中で麺が暴れまくって余計に気持ち悪くなりました。窓から青空の日が射してまるでまもなく命を引き取る人間みたいだった。誰もおれを気にかけてくれなかった。地獄、これ?

前にも言ったけど高速道路を走行するワゴンRの中ではどうしても眠くなってしまう。車内に香る加齢臭の効能なのかもしれませんね。恐ろしいね。

子供の時、車内で退屈してて、当時まだ仮面ライダーに感化されて週明けの保育園で井上正大のセリフを真似していた5歳のおれはぐずついていたらしくそれを見かねたおれの母親は「眠ると一瞬で家につくよ」と言っていたらしいですよ。今思い返すと4次元に生きている人間のことばだなと思う。時間の流れを破壊してはいけませんよね。

今はもう成長して、加齢臭はよりキツくなったし、ていうか車はおれの小学校入学と同時のタイミングで親がぶっ壊したし、子供の頃は広く感じた車も心なしか狭く感じるようになったし、親はどちらもおれにより強く当たるようになったし状況は一変した。なんせハンドルネームで不特定多数の人間の悪口を主語をでかくして書いてるんだからな。でも頑張ります。(人生)

f:id:Sapience48:20190803220235p:plain

ネクスコ東日本

友達と名物の花火大会に。おれは小学校四年生になる直前に東京へ行ってしまったのであまり会うこともないのだけど、毎年この時期には帰ってその友達と花火を川沿いの土手で見るのが恒例行事みたいなものになっている。ていうか川沿いの土手って何?川沿い以外に土手あったらまあまあ困りますよね。山手線の線路をでっけえ土手がぶち抜いて造られてたら人とおれが死にます。

まあほぼ地域が限られるんだけど、三尺玉というめちゃくちゃデカイ花火が名物の花火大会です。同時に8個ぶち上がったら市内のすべての木造建築物が倒壊するくらいのクソでかい音がする花火ですね。実際家にいると床が揺れる。

三人でベンチを土手につけて、ローソンの飯を食いながら見る花火はとても綺麗でした。あと単純にでかい。慰霊の意味もこもっているみたい。おばあちゃんの家の裏には爆弾が落ちたらしい。そんなことを考えながら観ました。9時を回り、友達の家でとりとめのない話などをして家に帰った。また来年も続けようとと思います。