かいどぅ

日記など

星野源の「通好みの音楽になりたくない」のいみとは

f:id:Sapience48:20190326201453j:plain金髪をありがとう。ジュテーム。

昨日他人の金で受信してるNHKで神の時間があったんですけど見ましたか。見てないやつのケツの穴に指を突っ込んで奥歯をガタガタさせるための指ですのであまり油断しない方がいい。嘘です。痔の辛さっておれが一番理解してるし、引用ツイートで何言われるかわからなくて奥歯ガタガタしてるからおれ。

もうここに来てる人はわかると思うんですが、昨日のヨルジュウから星野源スペシャルという、星野源のインタビューとライブ映像を交えた特集番組が放送されていました。見ますか?家までどうぞ。女の子だけきてもらえれば

 

fashion-express.hatenablog.jp

ウーン狂気〜〜〜〜〜 すごい

そこでは有泉さんという、星野源の特典ブックレット(道楽)などでもインタビュアーをしている人がうまくアンサーを引き出していた。なんかエッチなビデオの導入みたいだった。星野源も局を意識してかやけに清楚系にシフトしてました。オナホール使ってる人間の言葉に信憑性などあるのでしょうか。

本当にここ20年くらいのじぶんのキャリアを長い目で語っていた。いろいろなネガティブなワードも飛び交っていたけど、中でもヒトキワ注目を浴びていたのは

「通好みの音楽にはなりたくない。なぜなら通好みの音楽は、本当の通は聞かないかr胸の中〜〜〜〜〜〜〜にある〜〜〜〜〜〜も〜〜〜〜〜の〜〜〜〜〜〜」

ほぼニュアンスだがだいたいこんな感じだったと思う。これは本当にファンをこえていろんな人に届いてて、かなり大きな反響を呼んでいた。うわ、こいつこんなこと言うのか、みたいな感じで。ていうかなぜならて話し言葉じゃねえだろう。エキサイト翻訳かよ星野源。通好みの音楽になりたくない。ふーん、えっちじゃん、とおれは流し目で見ていた。

f:id:Sapience48:20190326221451j:plain

人生の楽園

おもえば、この星野源という捕獲レベル5億くらいの化物はほんとうに自分の歌を発信して多くの人に聞いてもらいたいという思いが強い人だった。確か、彼の文章を見ているとそういう類のことを随分むかしから書いていた気がする。本当に欲に対して正直な人だ。

ライブとかでも客との一体感を何かと大切にするし、まあ元を辿ればすべてはビクターの金なんですが、タワレコに自分の特設コーナーを常設したり、。渋谷のビルボードを占領してアドトラックを都内で走らせた挙句、人工衛星を使っての楽曲シェア。いち成人男性にここまで金使っていいのかと。いいんです。何故ならそれは、Victor entertainmentの金なのですから─。

そういえば、蘇える変態という本にも似たようなことを書いていたな、と思い出した。

「『一部の人だけ聴いてくれればいい』なんてツマラナイことは死んでも言わん。『どんな方法でもいいから売れたい』なんて恥ずかしいことは死んでも思わん。自分が面白いと思ったことを満足いくまで探りながら、できるだけたくさんの人に聴いてもらえるよう努力する。生きるとは、死ぬまで諦めないことである」

と。これですよ全国の死ぬように死んでいくアーティストの皆さん。この好きなものに対しての向き合い方があったからこそガッキーとチューして2ちゃんねるのサーバーをダウンさせることができたのだ。もう日本男子諸君はこいつを恨んで死ぬしかないんです。

f:id:Sapience48:20190326205151j:plain

-スポンサードリンク-

キャリア初期のインストバンドサケロック時代はといえば

youtu.be

こう。頭から前立腺までふざけ倒してる、世界の中でも稀すぎる音楽をやっていた。バンド発足当時、対バン見に来たおじさんから「インストバンドだからオシャレかと思ってた」と言われるほど。なんにせよおじさんのメンタルが鋼すぎる。ちなみにこのミュージックビデオ、ふざけすぎて2008年広告批評ミュージックビデオ第2位に取り上げられている。

ただ、確実にこのころから自分のこういう音楽がやりたいというのと、世に自分の創作物を売るんだという、作品と商品をバランスよくとる曲作りのやりかたは確立していた。

ハワイアンギターという鍵盤みたいな楽器を使ったり、一曲の中でチューニングの違うギターを3本使ったり、シンセサイザーみたいな音を導入したり。とにかく新しいものを妥協せずに取り入れてるのもこのときからだ。

ライブもハマケンがうるさかったり星野源がギターで指を切って血まみれになったりと目にうるさいことをしていたが、客とアーティストの間に合わせるという概念がないというか、自分たちのやりたい音楽と聞く人の一致を常に図っていた。

youtu.be

少し前に星野源の音楽リテラシーのはなしを聞いた。詳しいことはこちらのサイト様が書いてくださっています。

blog.livedoor.jp

音楽すきなんだな〜〜おれもすき〜〜と思った。

人に対する意識は自分に向いているといわれている。ちなみにおれは他人に厳しく自分に甘いです。多分最近横断歩道渡るときにウインカー出されないのと何かしら関係しています。

上記の方の解釈を引用すると、星野源は先入観とか事前情報をあまり入れずに音楽を聞いて欲しいということだろうか。すでにツイッターで脳がくさったぼくには無理な話だが、あまり音楽を理屈に当てはめないで差し上げてもらいたいのでしょう。

youtu.be

当たり前だが、芸術作品を理論に沿って説明することほど失礼なことはない。みなさんもやでしょうAVで挿入シーンのときに急にナレーションで「ここの騎乗位シーンは性器以外の密着面積が少ないのでより快楽に集中でき…」なんて言われたら。

よくノリ重視の曲だなんだの言われてるバンドがいるが、わざわざ技術的に褒められる音楽を求めるのはあまりにお門違いだ。だからこそSUNから自分の音楽をイエローミュージックとして発信したのだろうか。その、YMOの同人誌みたいな名前はやめた方がいいとおもう。

youtu.be

とにかくそろそろ自分の好き勝手に音楽をしたいと思っていたのだろうか。ていうか皆さん音楽ってどういう字書くか知ってますか?音に楽しむ、ですよ。ナニレノンの話じゃないが、病院じゃないところでクスリをもらってる人を見るとどうも改正したほうがいい気がしてならない。

で、イエローミュージックを一か八か、世間に受け入れられるかとかなり実験的な踏まえでリリースしたら本人史上最大のヒット。ヤバ。世間の耳と星野源が一致した瞬間である。インストバンドの経験と、日常を俯瞰する歌詞書きの第一人者としての経験がやっと活きた、というところ。そこから恋、ファミソン、青ダヌキ、

youtu.be

朝ドラですよ。常に新しい。

やはりさすがは有名人(ヨイショです)、普段の生活でストレスが溜まっているのか、歌詞にそれが顕著に表れている。にしたって発散の方法がrock 'n' rollすぎる。朝ドラの、普通であれば誰も聞かないような二番で曲の2面性を出してインターネット配信、でオリコン1位ですよ。ビクターはコイツの会社かと錯覚してしまう。違うからな!!!!!!!!!

youtu.be

 で、ついにジャパンビルボード1位。マジで強い。どれもこれも、星野源が妥協せずに自分で動いてきたからだ。おれと対極の位置にいやがるこいつ。おれなんかいつも人目を気にしてしまう。

長い上に言ってること可笑しくなってるとおもうけど、とにかく星野源が売れたのは好きなことをしていたからだとわかったし、本当にいい音楽というのは通好みのものなんかじゃなく、未満児から100歳代誰もに聴かれる音楽だということを証明してくれた。ありきたりすぎるけど生きて来た中で一番短い時間でした。案外悪ないNHK

 何処の誰か知らないが
出会う前の君に捧ぐ
この世未来切り開く
何でもない君に