かいどぅ

日記など

ブックマークゴリラ←おれ

前にツイッターのアップデートが改悪となっていて非常に傷つく、というような記事を書いた気がする。おれはツイッターとユーチューバーの大声で海馬がダメになっているのかもしれない。

あと、ほぼではあるけど(前何回か更新できなかった日がある)毎日更新してるし。160個、ですよ。ブログをしている人(ブロガーというらしいです)は毎日更新してます、という人もいるらしいですけど、なんせぼくなんか延々と人の悪口を永遠に拡大して、2回殴ったら消えそうな、なけなしの文字を毎日書いてますからね。一年後これを見たときはもう飽きてるかアポ電でぶち殺されているかの二つに一つでしょう。

こんな風に人間は何年も同じことをしていると色々なものを失っていきます。全てを失ったおれが言うので非常に信憑性としては高度な情報です。反面教師にするなり友達に見せるなりしてコンテンツ化してほしい。(やめてください)

ていうか、いやまあ、そういう話でツイッターのアップデートの記事の話を出したわけじゃないけど。前にも言った通りツイッターのアップデートというのは、ほぼアプリの性能を悪化させて、後々の真っ黒いアイコンを増やす原因となることがおおい。別れてません。

特におれがリツイートしたプレゼント企画に対してのいいねの通知、タイムラインに流れるおれがいいねしたエロ画像、これらは全てツイッター社のババアの親切心から生まれたありがた迷惑である。やめてほしい。

しかし時たま革命が起きることもある。ブックマーク機能である。これでおれがふいにいいねをしたエロい写真が流れることもないわけです。ご存知の方もいると思いますが、ツイッターのブックマーク機能というのは主に、脚色をして言いますが、エロい画像や深夜の消えそうな悪口のツイートを保存するために使うものです。本当は感動エピソードとかもエロ画像を上下に構えて混じってますけど、でもそういう感じです。

f:id:Sapience48:20190801205720j:plain

(トミークリームフラワーといいます)

ただもう、いいねとの使い分けができてなくて本当に見たいツイートがブックマークリストで埋もれていくんですね。

もうおれなんか頭がだめになってるので心に触れるツイートがあるとうんこをするようにブックマークボタンを押してしまう。既に追加されているケースもしばしばある。この間もスイーツの画像を見たくて働いてない頭で液晶をスクロールしてて十分くらいかかってやっと見つけましたからね。情報の選択をしないといけませんね。(あれ)